読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littlewing

人間とコンピューターとメディアの接点をデザインするために考えたこと

デバイスをKioskモードにする覚書

完全自分メモです。 Google Chrome Chromeは-kioskでKioskモードに 簡単!GoogleChromeのKIOSKモードで簡易デジタルサイネージ | EASY REVIEW

Holographic Remotingについて(HoloLensCompanionKitを動かしてみる)

前回の記事「Windows HolographicとHoloLens」で、Windows Holographicプラットフォームの概要を書きましたが、デスクトップのUWPなどのアプリケーションとHoloLensを連携させるための機能としてHolographic Remotingが重要な技術的な要素となります。 Holog…

Windows HolographicとHoloLens、そしてIntelの思惑

現在発売されているHoloLensは、Microsoftの「Windows Holographic」という構想、プラットフォームにおける、最初の1製品という位置づけです。 2015年1月に初めてHoloLensが発表された際にも 本日発表されたデバイスのHoloLens は、このWindows Holographic …

Lenovo Phab 2 Pro用にVRゴーグルを買ってみた(使えました。)

前回の記事で、Lenovo Phab 2 Proでも使えそうな、大型スマホ(6.5インチ)対応のVRゴーグルを探して、 その中の1つを実際に購入してみました。

ファブレットサイズ(6インチ以上)のスマホVRゴーグルを探してみる

6.4インチディスプレイのPhab 2 Pro用にVRゴーグルを探したのですが、ファブレットサイズ対応のVRゴーグルが結構少ない。 Amazonで調べて自分用にピックアップしたものを、困っている人も多いようなのでリストにします。

AndroidでPCからadbコマンドで動画・静止画キャプチャする

Androidではadbコマンドを使って、スクリーンショットの取得と動画キャプチャがPCからできます。 PCと端末をUSBケーブルでつないで結構簡単に実行可能です。

Google TangoのUnity開発環境を整える(Lenovo Phab 2 Pro)

Lenovo Phab 2 Proを手に入れたので、Tango機能を触ってみました。 書きかけなので、随時更新すると思います。

BlenderでUVマッピングを行う

私の環境について Blenderのバージョン:2.78a

HoloLens・VR開発のためにPC一式買い換えた話

HoloLens開発をさくさく行うために、自宅のPC環境を一新しました。全部で30万円以内。 今まで開発はmac中心だったのですが、この際HoloLensとbash on windowsの登場を機にWindowsに戻しました。(結局 bash on winは使わず、gitbashで十分だった) 若干、サイ…

Blenderでモデル/rig作成→UnityのMecanimで利用する(便利なPythonスクリプト付き)

HoloLensの各国の発売状況(2017年1月)

日本でもHoloLens販売開始という事で 各国の発売状況を整理。 HoloLensの発売日とDevelopment Editionの価格 対象国 発売時期 価格 アメリカ・カナダ 2016年4月 $3000 イギリス 2016年11月 £2719 フランス 2016年11月 €3299 ドイツ 2016年11月 €3299 アイル…

購入可能なラズパイ比較(2017年3月)Pi 3 Model B/Pi Zero/Pi2 Model B/Pi Model B+

いろいろ出てきてよくわからなくなったので、自分メモ 2017/2/23 日本製PI3と、PiZeroの国内発売開始について追記。 2016/11/6 実質PI2よりPI3のが実売価格が下がって来たので、オススメをPI3に変更しました。 2016/7/1 Raspberry Pi Model A+が実質入手困難…

Microsoft Azureクラウド上でHoloLensのSharingService(ホログラム共有)を動かす。

HoloLensのSharingServiceを使うと、複数台のHoloLensでセンサーデータなどの共有が簡単にでき、同じオブジェクトを表示したり、協業ができるようになります。 SharingService自体はUnityEditor上やHoloLensエミュレータ上でも動作します。 SharingServiceを…

HoloLensの空間アンカー(Spatial Anchor)ドキュメントの日本語訳

空間アンカーのベストプラクティス 1.1 ユーザーが指定した位置に空間アンカーを配置する 1.2 原点座標から3メール以内にホログラムを配置する 1.3 グループ化されたホログラム 1.4 動き回るホログラムは空間アンカーを利用せずに静止座標系を用いて表示を…

HoloLensのホログラム共有(Shared holographic experiences)ドキュメントの日本語訳

1. ホログラム共有体験とは何か? 2. ホログラム共有体験のシナリオ設計 - 2.1. どうやって共有するのか? - 2.2. 人数はどれくらい? - 2.3. メンバーはどこにいる? - 2.4. いつメンバーはホログラムを共有する? - 2.5. 環境がどれくらい似ているか? - 2…

HoloLensの座標系システム(Coordinate systems)ドキュメントの日本語訳

1. 空間座標系について 2. 静止座標系について 3. 空間アンカー(Spatial anchors) - 3.1. なぜ、シーンを通じて、一つだけの固定の座標システムが使われないのか? - 3.2. 空間アンカーにおける解決方法 - 3.3. 空間アンカーを用いた永続性 - 3.4. 空間アン…

SSLのHTTPリクエストをtelnetのように解析したい。

HTTPの挙動を確認したいとき、telnetは便利ですがSSLだと、使えません。 そんな時は、opensslで同じようにできます。 openssl s_client -connect {hostname.com}:{443} telnetだと telnet {hostname.com} 80

Holographic Remoting Playerについて

Holographic Remoting Playerの情報も公開されてますね。 Unity 5.5bならPlayボタンを押すだけで使えるようです。 こんなかんじ youtu.be 必要なPCスペック(意訳) Windows 10 Anniversary Update必須 GeForce GTX 970 or AMD Radeon R9 290 かそれ以上を推奨…

HoloLens/Unityに関する2016年9月の新機能の意訳

(写真は本文とは関係ありません) Dangling Neuronに書かれていた記事Awesome Features coming to Hololensによると、来週にUnity上のHololens開発で大きなアップデートがあるそうです。 ひとまず自分用に、概要を意訳したので掲載。間違っている部分があるか…

HoloLensのSharingに自作のCustomMessagesを追加する方法

HoloLens開発につかえる HoloToolkit-Unityの複数台での空間共有機能 Sharing において自作オブジェクトを同期したり自作メッセージを飛ばし あうための方法のメモ。 前提がいろいろぶっ飛んでますが、自分用のメモに書いたものを公開。 エミュレーターと実…

MPU-6050(加速度、ジャイロセンサー)をI2C通信でATmega32U4搭載マイコンボードで利用する。

この記事は ATmega32U4搭載マイコンボードをmacで使ってみる - littlewing の続きです。 スイッチサイエンスのATmega32U4搭載マイコンボードをつかって、MPU-6050(加速度、ジャイロセンサー)を動かすのが 大変だったというメモ。試行錯誤の結果、動いていま…

ATmega32U4搭載マイコンボードをmacで使ってみる

スイッチサイエンスさんのATmega32U4搭載マイコンボードを購入して遊んでみました。 ATmega32U4の概要 Arduino Leonardo互換として扱える USBでパソコンにつなげば、マウスやキーボードデバイスとして利用できる(HID対応) VCCの出力は5V さらに詳細はスイッ…

HoloLensのアイデア・デモ動画のいろいろ

Hololensの事例を淡々と並べる。解説つけたり、随時更新します。 Microsoft公式の利用シーン紹介ページはこちら Commercial Suite 7/6 6.データビジュアライズ/7.JALの事例を追加 7/8 8.HoloCookを追加

CartoDB[第3回]警戒情報を表示するレイヤーを追加

「第2回」で作成した、水位情報の地図に、新しいレイヤーを追加してみます。 追加するレイヤーには各観測点毎の警戒水位情報を元に、警戒水位に達しているかの指標を表示するようにします。

CartoDB[第2回]水位情報を追加する

CartoDBとオープンデータでお手軽地図マッピングの後編です。 既にお手軽じゃなくなってる気が・・ [STEP1]~[STEP5]は前編を見てください。

CartoDB[第1回]オープンデータでお手軽地図マッピング

CSV形式などの位置情報を持ったデータを登録すれば、ブラウザ上で地図データを簡単に作成・共有できるWEBサービス「CartoDB」を利用してみたのでそのメモ。

HoloLensのライブキャプチャ(Mixed Reality Capture)を映像配信する方法

HoloLensには、Mixed Reality Capture(MRC)というライブキャプチャ機能があり、数秒遅延はあるものの、装着している人が見ている映像を他の人が同時に見ることができます。(録画することもできます) 技術仕様はここにいろいろ載っています。 Mixed reality…

ラズパイにWindows 10 IoT Coreをインストールしてアプリを動かすまで。(2016年6月)

ラズパイにWindwos10をインストールして、アプリケーションを実行してみました。 意外と大変だったので、その顛末をメモ。 実施した内容(お品書き) Raspberry PI 2 にWindows 10 IoT Core をインストール ラズパイ上のWindows 10 IoT Core の基本的な設定…

Raspberry piで温湿度センサー(DHT22/AM2302)を使う

SODIAL(R) DHT22/ AM2302デジタル温度湿度センサー3.5V-6V DC出版社/メーカー: SODIAL(R)メディア: その他この商品を含むブログを見る 端子の接続 正面左から # 説明 ラズパイのピン番号 1 VDD 1 (3.3V) 2 SCA 7 (GPIO4) 3 NC -(使わない) 4 GND 9(Ground) #…

Particle Electron(Cellular + Arduino)覚書

Particle Electronを手に入れたので、使ってみたメモ。 Particle ElectronはSIMで3G通信できるArduinoモジュールです。 Particle ElectronとSIMカード SensorKitを買ったので各種センサーやワイヤーがぎっしり 自分メモで、人に読んでもらう前提で書いてない…

macのコンソールでArduinoとシリアル通信

macのコンソールでArduinoのシリアル出力取得方法のメモ

WEBカメラで利用できる顔認識技術まとめ(2016年4月)-その6 Intel RealSenseについて

photo by IntelFreePress 前回の続きで、今回はKinect とか Intel Real Senseなど3D Depthセンサー周りの2016年の状況をまとめます。 3D Depthカメラの基本的な情報は以前、こちらに書いています。 WEBカメラで利用できる顔認識技術まとめ(2015年4月)-その3 …

WEBカメラで利用できる顔認識技術まとめ(2016年4月)-その5

2015年4月に「WEBカメラで利用できる顔認識技術まとめ」という記事を書きましたが その続編として、2016年現在のヒューマンインタラクション系ライブラリのまとめを顔認識技術を中心に書きたいと思います。 もともと、定点観測的な意味合いで書き始めた記事…

ラズパイ2 で無線アクセスポイントを立てる (Raspberry Pi2 +WLI-UC-GNM2)

Raspberry Pi2とUSB Wifiドングルで無線アクセスポイント(ルーター)化をした時のメモ 利用したWifiドングルは BUFFALO の WLI-UC-GNM2。

gstreamerの覚書

インストール $ sudo apt-get install gstreamer1.0-*

node-redの覚書|JavaScript スニペット

起動と終了 たまにわすれちゃう node-red-start node-red-stop 自動で起動するようにする sudo systemctl enable nodered.service # 常駐終了はこちら sudo systemctl disable nodered.service npmを追加する ラズパイのnode-redは標準でnpmがインストールさ…

【読書メモ】白井博士の未来のゲームデザイン

photo by Graphicso 重要なのはユニバーサルにすることでなく、実空間を使って、身体全体を使って、新しい身体感覚を重視し、言語や文化よりも重要な事を体感させるためのエンジニアリングを行うことなのです。 白井暁彦さんの、「白井博士の未来のゲームデ…

Raspberry pi2 のオーディオジャックが刺さっているかを取得する

Raspberry Pi2 Model Bでオーディオジャックにプラグが刺さっているかを取得したくて調査をしたメモ。 結論としては、ラズパイ2のオーディオジャックは3.5mm4極ステレオミニプラグなんですが スイッチがついているので、取得可能。

raspberry pi2 firstsetup(Japanese GUI/ssh/VNC)

ラズパイ2の初期設定メモ

THETA Sの動画をopenframeworksで全天球再生(その2)

前回の記事の後に、 もともと参考にさせていただいていた@dotchangさんからアドバイスをいただきました。 @keshin_sky ブログ引用ありがとうございます。OFなら https://t.co/edG0VF8VoT のように、img.bind()で球に正距円筒図法の画像をテクスチャマッピン…

THETA Sの動画をopenframeworksで全天球再生(その1)

RICHO Theta Sで撮影した動画をopenFrameworksを利用して全天球再生できたのでメモ その後うまくいった方法は↓の(その2)の記事を見てください 映像を最終的にはOpenCVで加工利用したいため、oFでスケッチ リアルタイム映像ではなく、保存済み動画の再生 元動…

AppleTV(tvOS)でつかえそうなgithubプロジェクトを探してみた

tvos関連の気になるgithubプロジェクトのメモ この記事は書きかけです。

Scratch+なのぼーど+LEGOブロックを使った電子工作

レゴの歯車・ギアがお得な値段で満載のLego Crazy Action Contraptionsを購入したので、「なのぼーど」と組み合わせていろいろ作ってみました。 1.二足歩行ロボット(風味?) 動くとこんな感じ

Unity/C#で XMLファイルとしてデータを保存する(UTF-8/日本語対応)

[Unity][C#] XMLファイルとしてデータを保存する | ftvlog こちらの記事で、Unityで簡単にXMLでのファイル読み書きができる方法を見たのですが UTF-8に対応していないため、日本語が保存できませんでした。 ・・・ こんな感じでus-asciiになってしまうので…

なのぼーど直結の「ちびギアモータ」をarduinoで制御してみる

なのかーについてくる、「ちびギアモータ」は低電流でも動作するため、Arduinoのデジタルピンに直接接続して利用することもできるらしいので、試してみました。

Metaio社がサービス終了前にオフラインでライセンス署名を作成できるジェネレーターを配布開始

Appleに買収されたMetaio社が2015年12月15日にARサービスを終了するのですが、その直前に、オフラインでライセンス署名を作成できるジェネレーターソフトウェアを配布開始したようです。 これを使えば、MetaioSDK利用時に必要な署名を自分のPC上でオフライン…

Unity5 + iOS でWebsocketとnode.js連携を試してみる

photo by Kyle McDonald Unity iOSアプリでWebSocketを使いたくてライブラリをいろいろ探しました。 Editor上では動くのに端末で動かないライブラリもあり、いろいろ試したメモ。

なのかー/なのぼーどをArduinoとしてプログラミング

なのかーで利用されている「なのぼーどAG」はArduino(アルデュイーノ)互換となっているので、 Arduinoとしてプログラミングすることができます。 Arduinoとして使用すれば、Scratchを使わずに、Arduino言語(ほぼC言語)でプログラミングをして、アプリケー…

「なのか~」で遊んだ話(1)-購入前の確認事項

「ちっちゃいものくらぶ」の「なのか~」を買ってつくりました。 なのか~ の作り方 « ちっちゃいものくらぶ 作って動かすのに苦労したのでその話を。

Unityで自分のIPアドレスを取得する(iOS対応)

Unityで自分のIPアドレスを取得したい。 いろんな情報が載っていたのですが、iOSでは取れなかったりはまりました。 結果、以下の方法で取れました。 using System.Net.Sockets;//必要です。 using System.Net;//これもいるかもしれない (...) public static …