読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littlewing

人間とコンピューターとメディアの接点をデザインするために考えたこと

UWP

Unity開発/Visual Studio2015をカスタマイズして使い勝手を向上させる。(テーマの変更とか)

Unityでの開発のために、最近VisualStudioを使い始めた人も多いこの頃。 高機能なVisualStudioは、見慣れない操作メニューも満載で、使い勝手が悪いと思いつつ、カスタマイズせずにそのまま使っていると作業効率が落ちてしまいます。 コードエディタとして使…

HoloLensで文字を入力する(XAMLのキーボードを呼び出し)

HoloLensアプリをUnityで作成していると文字の入力に困る事があります。 結局、Direct XのD3Dの画面ではキーボードは呼び出すことができないので、XAMLの画面を呼び出すことになるのですが、 TouchScreenKeyboardを使えばそのあたり自動でやってくれます。

UnityだけじゃなくてUWP開発を始める際に役に立ったドキュメント

書き途中です。 Microsoftのドキュメント ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリとは - UWP app developer | Microsoft Docs 初めてのアプリの作成 - UWP app developer | Microsoft Docs Windows アプリ UX デザイン ガイドライン | MSDN Dir…

Holographic Remotingについて(HoloLensCompanionKitを動かしてみる)

前回の記事「Windows HolographicとHoloLens」で、Windows Holographicプラットフォームの概要を書きましたが、デスクトップのUWPなどのアプリケーションとHoloLensを連携させるための機能としてHolographic Remotingが重要な技術的な要素となります。 Holog…

Windows HolographicとHoloLens、そしてIntelの思惑

現在発売されているHoloLensは、Microsoftの「Windows Holographic」という構想、プラットフォームにおける、最初の1製品という位置づけです。 2015年1月に初めてHoloLensが発表された際にも 本日発表されたデバイスのHoloLens は、このWindows Holographic …

Holographic Remoting Playerについて

Holographic Remoting Playerの情報も公開されてますね。 Unity 5.5bならPlayボタンを押すだけで使えるようです。 こんなかんじ youtu.be 必要なPCスペック(意訳) Windows 10 Anniversary Update必須 GeForce GTX 970 or AMD Radeon R9 290 かそれ以上を推奨…

HoloLens/Unityに関する2016年9月の新機能の意訳

(写真は本文とは関係ありません) Dangling Neuronに書かれていた記事Awesome Features coming to Hololensによると、来週にUnity上のHololens開発で大きなアップデートがあるそうです。 ひとまず自分用に、概要を意訳したので掲載。間違っている部分があるか…

HoloLensのライブキャプチャ(Mixed Reality Capture)を映像配信する方法

HoloLensには、Mixed Reality Capture(MRC)というライブキャプチャ機能があり、数秒遅延はあるものの、装着している人が見ている映像を他の人が同時に見ることができます。(録画することもできます) 技術仕様はここにいろいろ載っています。 Mixed reality…

ラズパイにWindows 10 IoT Coreをインストールしてアプリを動かすまで。(2016年6月)

ラズパイにWindwos10をインストールして、アプリケーションを実行してみました。 意外と大変だったので、その顛末をメモ。 実施した内容(お品書き) Raspberry PI 2 にWindows 10 IoT Core をインストール ラズパイ上のWindows 10 IoT Core の基本的な設定…

Unityで自分のIPアドレスを取得する(iOS/UWP対応)

Unityで自分のIPアドレスを取得したい。 いろんな情報が載っていたのですが、iOSでは取れなかったりはまりました。 結果、以下の方法で取れました。 using System.Net.Sockets;//必要です。 using System.Net;//これもいるかもしれない (...) public static …