読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littlewing

人間とコンピューターとメディアの接点をデザインするために考えたこと

とにかくEclipseを使ってAndroid開発環境を整える(2015年7月)

スマホアプリ

誰しも一度はEclipseを使ってAndroid開発環境を整える必要ががあります。 この2015年においては、なかなかの至難の技。 難しい解説のサイトが多いので手っ取り早くやりたい方に

Eclipseを利用したAndroid環境を構築する方法

手順の大枠

  1. JDKをインストール
  2. Ecpliseをインストール
  3. AndroidSDKをインストール
  4. Android SDK Managerから、必要なライブラリを追加インストール

実際の手順

1. JDKのインストール

Windows(64bit) Windows(32bit) Mac
jdk-8u51-windows-x64.exe jdk-8u51-windows-i586.exe jdk-8u51-macosx-x64.dmg

2.Ecpliseをインストール

  • 日本語化されている「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション 」を元に説明します
  • Windows版に関して解説をします。

  • ダウンロードページにアクセス

  • いろいろボタンがありますが、その中から"Java"の"Standard Edition"を環境に合わせてダウンロードします

  • わかりづらい場合は、以下のリンクをクリックすることで直接ダウンロードすることができます。
Windows(64bit) Windows(32bit) Mac
pleiades_java.zip pleiades_java-32bit.zip (省略)

3. AndroidSDKをインストール

Windows(64bit) Windows(32bit) Mac
installer_r24.3.3-windows.exe installer_r24.3.3-windows.exe android-sdk_r24.3.3-macosx.zip

4 ライブラリをインストール

  • SDKマネージャーをインストールすると、Android SDK Managerというのが勝手に開くとおもいます。
  • 開かない場合は、SDK Manager.exeをクリックするか、Eclipseを起動後、メニューからWindow > Android SDK Manager で開くことができます。
  • Android SDK Manageを使うと開発に必要なライブラリを追加でインストールすることができます。
  • 追加で必要なライブラリにチェックをいれて、[Install ** packages]をクリックしてインストールを進めてください。