読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littlewing

人間とコンピューターとメディアの接点をデザインするために考えたこと

node-redの覚書|JavaScript スニペット

俺のスニペット raspberry pi

起動と終了

  • たまにわすれちゃう
node-red-start
node-red-stop

自動で起動するようにする

 sudo systemctl enable nodered.service
# 常駐終了はこちら
sudo systemctl disable nodered.service 

npmを追加する

  • ラズパイのnode-redは標準でnpmがインストールされていなかったりする。
apt-get install npm

色々インストールされます。

HTTP Responseにはreq/resが必要

ドキュメントにも書いてあるのですが、 HTTPでレスポンスするためには、HTTP requestの.res .reqを引き回してあげないといけません。

これらがないとDebugに

msg : string [18]
No response object

などと表示されてしまいます。

記述例

var msg1 = { payload:"first out of output 1" };
var msg2 = { payload:"second out of output 1" };
var msg3 = { payload:"third out of output 1" };
var msg4 = { payload:"only message from output 2" };


msg1.res = msg.res;
msg1.req = msg.req;//これはなくてもよい

return msg1;

グローバル変数

  • context.global.{変数名} でグローバル変数が使えます。シートをまたぐかは確認していません。
context.global.foo = "bar"; 

関連リンク